ひつじのプチプラ日記inアメリカ

アメリカ在住のひつじが日常のことやお役立ち情報をお届けするメェ〜。

時差ボケを最速で治す方法

スポンサーリンク

こんにちは、毎回時差ボケに悩まされるひつじです。

今回は飛行機に乗って現地についてから&帰国後の時差ボケを最速で治す最強の方法(個人的に)をお話しします。

 

前回の時差ボケ対策のお話はこちら↓

www.puchipura-blog.com

 

 

 

時差ボケはどうしてなるの?

 

時差ボケは簡単に言いますと、飛行機など移動速度の速い乗り物に乗って3時間以上時差のあるところに移動すると体のリズムが現地時間と合わないことによって起こります。

 

時差ボケを最速で治す最強の方法

 

ひつじはほぼ毎年1回ニ日本に帰っているんですが、毎回時差ボケがあります。

中には全く時差ボケがないかあまり気にならない方もいると思います。

日本にいる友人に「時差ボケって気の持ちようじゃないの?」と言われたことはありましが、私はいつも時差ボケあります!!!しかも重症。

神経質な人は時差ボケになりやすいらしいです。ひつじは超がつくほどの神経質です。

 

東アメリカと日本だと13~14時間の時差があるので、朝と夜が逆になります。

日本が朝の時はアメリカは夜なのです。

なので日本についてから夜12時ごろに寝てもアメリカ時間だとお昼前なので熟睡できず朝3〜4時ごろに目が覚めてしまうんです。

そこで前回紹介したzzzquilを寝る前に飲んでおけば深い眠りにつくことができます。

こちらがZzzQuil

f:id:hitsuji-puchi:20181209015356j:plain

(※こちらの商品は一時的に睡眠を補助するものなので毎日の摂取は止めましょう。容量用法を守って正しくお使いください。)

 

そして朝起きてからの過ごし方ですが、まず起きたら朝日を浴びて水分を摂取しましょう。

目から刺激を与えるとともに腸にも刺激を与えて体を起こします。

 

それから朝食はできるだけ食べた方がいいですが朝食べない方もいると思うのでそれは人それぞれなので普段の生活に合わせてください。

 

そして午前中は活動的に動きましょう。

出かけるのもいいですね。

そしてお昼ですが、猛烈な睡魔が襲ってきます。特に昼食後。

 

ですがここで眠ってはいけません!!!

 

仮眠で10〜20分寝て起きようと思っていても普段は夜に寝ている時間帯なので起きられないし起きられても余計にボーとします。

 

カフェインが苦手でなければコーヒーや紅茶を飲んで午後からも活動的に動きましょう。もし昼寝をしても起きられる自信がある場合はカフェインを摂取してから20分程度仮眠をとるのはOKです。

 

(もし時差ボケが酷すぎて目眩や吐き気などがある場合は無理せず休んでください。その場合寝すぎを防ぐためにタイマーを1時間ぐらいでセットするか家族の人に起こしてもらうように頼みましょう。そうしないと確実に寝すぎて夜に眠れなくなります。(←実体験))

 

夕方から夜にかけてまた睡魔が襲ってきますがあとほんの少しの辛抱です。
夕食を済ませたらゴロゴロしないでさっさとお風呂に入ります。

お風呂では湯船に浸かって長旅の疲れをとりましょう。

お風呂から上がって髪を乾かしてスキンケアなどを終わらせてだいたい9時ごろになっていたらZzzQuilを飲んでから寝ます。

 

これを3日間続けると4日目から少しずつですが回復していきますのでZzzQuilの摂取はやめます。

1週間過ぎるころにはとても楽になっています。

アメリカで知人に、「時差ボケは1日に1時間しか治らない」と言われたことがあります。

東アメリカと日本の時差が13~14時間なので時差ボケが完全に治るのに2週間かかるということになりますが実際にひつじも時差ボケを体験してみてそうだと思っています。

しかし、上記の時差ボケを最速で治す方法を実行すると1週間ぐらいに縮められると思います。

 

まとめ

時差ボケを最速で治す方法をまとめると、

 

  1. 絶対現地の時間に合わせて行動する。
  2. お昼寝は全くしないか、しても20分間に止める。
  3. 夜はZzzquil(睡眠補助薬など)を飲んで強制的に深い眠りに入る。

 

です。

 

おわりに

いかがでしたか?

簡単なことですし、あたりまえのことですが少しでも参考になれば幸いです。

ひつじは時差ボケが酷く昼寝を長くしてしまい夜眠れないということが続いて日本にいる間時間を無駄にしてしまったことが何回もあるので日本に帰るときはこの時差ボケ最速最強治し方を実行しています。

みなさんも海外旅行先や帰国後などに試してみてください。

 

次回は飛行機に乗る時の持ち物や座席の選び方などをお話ししたいと思います。

飛行機の中で、もしかしてこれが恋の始まり!?のようなお話もありますのでお楽しみに

 

Have a nice day!